ホーム > スマホやパソコンの活用 > ガラケー+タブレットの2つ持ちが一番

ガラケー+タブレットの2つ持ちが一番

スマホはパソコンと携帯が合わさった機能を持ち、携帯に便利で、現代の三種の神器というほど、生活に不可欠なものとなっています。

しかし、便利なものは高いし、壊れやすいという難点があります。

機能が高機能になればなるほど、フリーズしたり、発熱したり、容量制限で使いたいときに使えなくなったり、利用する上で大きな難点があります。

特に通信料が高いことに困っている人は多いと思います。

最近は、MVNOなど仮想移動通信者による通信料が安いプランもありますが、弱点があります。

電話をかける機会の多い人にとっては、そう安くはならないところに弱点があります。

通信料を節約する一番のテクニックは、流行には合わないでしょうが、ガラケーと呼ばれる携帯とタブレットを2台持ちすることです。

最近のガラケーは、スマガとも呼ばれ、OSがアンドロイドのものも出回り、スマホとの親和性が高まり、ラインもできるようになっています。

しかも、利用料金はガラケーと同じですので、音声通信がメインの人にとっては、通信料が格段と安くなります。

また、ウェブについては、割り切ってMVNOのLTEタブレットの2台持ちにします。

通信専用ですので、キャリアに比べ圧倒的に安くなります。

スマホと同じ機能を持ちながら、ガラケーとタブレットの2台持ちによって、通信料は劇的に安くなり、フリーズなどのリスクも減少します。

ガラケー+タブレットの2台持ちは絶対お薦めです。